スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スランプについて

スランプという言葉が適切かどうかはわかりませんが、他の勝負事に比べ、偶然性というか運の作用が大きい麻雀(特にさんま)において、スランプは避けて通れないものだと思っています。

どんなに上手い人でも10試合やって、0-1-4-5 なんて成績も当たり前にありますし、
その逆にそうでない人でも、5-4-1-0 なんてことも日常茶飯事です。
それが麻雀の面白さでもあるのですが。

麻雀はとてもメンタルなゲームだと思います。
例えば、同じ配牌をもらったとしても、ダントツのときと、ダンラスのときでは全く気持ちが異なります。
「またこんなヒドイ手かよ><。遅い上に安すぎる!」と思うのと、
「これは和了れないね。和了れれば儲けもの。」と考えるのでは全く違います。
ネガティブに考えれば考えるほどドツボにハマっていきます。

私は今、メインとサブの2つを持っていますが、同じ勝率2.0でも、サブよんま(3級)なら上出来上出来♪と思えますが、メインさんま(七段)ならとてもそうは思えません。
実際今少しブルーになっています(笑)
これじゃいかんいかんと思い、少しでもプラスプラスになるように頭を切り換えています。

今までは、将棋など降段という制度は無いので、必死に降段しないように打っていましたが、最近では、天鳳においては降段昇段なんて当たり前のことだ、「降段して何が悪い!w また昇段すればいいだけのことじゃないか!」と思うようにしています。

また、私はどちらかというと攻撃型だと思っています。降段を意識しすぎるあまり、押すべきところで押せなかったら余計成績がひどくなると最近は反省しています。

「いやぁ、麻雀ってほんっとうに難しいもんですね~」(水野晴郎調)

***** 続き *****
ちょっと思い立ったのですが、ドツボにハマっているときは、自分でも気付かずに、打ち筋もおかしくなっているはずではないかと思ったので、調子の良かった頃の自分の牌譜を見るのもいいんじゃないか?と思い、今日から自分の牌譜urlを記録してみようかなと思っています。
無駄かもしれませんがね(笑)

コメント

非公開コメント

カウンター
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

いぶしのけん

Author:いぶしのけん
「天鳳」「雀賢荘」「闘牌王」というネット雀荘でプレイしています。
■いぶしのけん(メイン)
 四人麻雀 東南戦のみ
 サンマ   東南戦のみ
 麻雀放浪記じゃないけど、
 昔○○の○○とかいう名前、
 流行っていましたね。
 それをもじりました。
 酔っぱの時には出没せず
■ドラ真知子(サブ)
 四人麻雀 主に東風戦
 サンマ   東南戦のみ
 このHNは非常に気に入
 っています。
 麻雀の基本は私はドラ待
 ちだと思っていますし、
 ドラ待ちって結構ドラマチッ
 クだったりします。
 主に酔っぱの時に出没


連絡先:
ibushiken@やふー.co.jp
チェック頻度月イチくらいです  ヾ(・・ ;)

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
リンク(麻雀以外)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。