スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読みと信頼関係

最近つくづく思うのだけど、麻雀に「読み」ってどの程度必要なのかなと・・・・・。
相手の雀力の見えないフリーとかネット雀荘で特に感じる。

読みって相手の雀力が見えてこそ生きてくると思う。極端な話、初心者相手に読みをしたところで時間の無駄だと思う。
こいつは絶対にこのような打ち方をする奴じゃないと分かって初めて読みが生きてくるものだと思う。

また、いくら「迷彩バッチリ!」の捨牌と言えどもトップ目よりもラス目への放銃率が低くなくてはいけないとも思っている。


なので「読み」ってホントに必要なの?と思っちゃうんですね(笑)



たとえばオーラス。各人が他3人との点差を考えて手作りをする。無意味な手作りはしませんよね。
3位と3000点差のラスがドラ1個だけの手で序巡から役牌を一鳴きするなんてことありませんよね。
鳴くなら他の手役と絡める。
他家は3900以上の手作りのはずだからと手牌を読んでいく。そうしていって当たり牌を絞っていく。
だけど手を開けてみたらドラ1だけだったなんてことありますよね。



また先日の闘牌王での話。(似たようなことを以前の日記でも書いたけど。)
ある他家(七段)が序盤で、五萬四萬横 と手出しで切ってリーチしてきた。九萬 は切れているので、六萬九萬 はない。そして五萬赤 は生牌。
そこで何巡かして六萬 を切ったらロンだと言う。変則待ちでもなんでもなく、三萬六萬 の両面待ちでだ。
私は対戦前に必ず相手の段位とレートを確認している。
上のリーチ者が級位者だったらやむを得ないと思うが七段なのだ。ありえねーだろ!と思った。
それとも私の読みがおかしい? 甘い?


リーチ前の面子多々のとき、四萬四萬五萬五萬 または 四萬四萬五萬五萬赤 とあったはずだ。
どちらにしろ五萬 の暗刻または明刻を見て、先に四萬 を切り出すのがセオリーだと思うのだが・・・・・。

裏を読んで五萬を先切りしているのかもしれないけれど、それはトータル的に見てかなり損な選択だと思うので除外していいと思う。
なぜなら特に四萬四萬五萬五萬 のとき、赤ドラの受け入れを拒否しているからだ。
また和了りトップ者の立直も除外します。

こういうことがよくあるので、私は「読み」より「場況」を優先させて押し引きを決めているのだけれども、それでもやはり押すか引くか悩ましいときは「読み」を頼りにする。
この場面も、押すべきか引くべきか考えた。オリの状況なら六萬 を切らずに、現物でオリている。
押すか引くか悩ましいので読んだ。やはり相手がたとえ高段者とはいえ相手の雀力が見えない以上、やはり読んじゃいけないのかな?
振り込んだあとに、ある人から「闘牌王の七段も変な人いるよ」と言われたのを思い出した。


他にも五萬赤 切ってリーチで、リーのみ手で、カン八萬 待ちとかあり??って思うんですよね。
和了りトップとか、5200とかあるならわかるんですが、リーチのみでありえないと思うのです。



私の考え方おかしいでしょうか?





コメント

非公開コメント

No title

初コメです。
自分も同じような考えをもってます!
捨て牌読みは、相手の雀力を信頼出来てこそですもんね~
ネットやフリーでは相手の雀力は分からないですし、自分の場合セットで打つメンバーの雀力も微妙です…
なので、場況や点棒状況等を考えたシンプルな押し引きが無難かな~と思ってます。押すか引くか悩む手は結局読もうとするのですが…
以上、ロン2でよく打っている雑魚の意見でしたw

No title

自分が思う読みについては日記で書いたとおりです。

ただ、やっぱり読めない局もあるし、読みでは危険とわかってても押さないといけない局もあります。
この辺ももっと細かく書くべきだったなと今は反省しております。

相手の雀力によって読み方は違ってくることはあるけど、読んで損はないと思ってます。
まぁ、あまりにもつまらない相手だと読むのが無駄に感じてきてしまいますが・・・・。

No title

6m切るところの読み、
こういう読みはアリだし有効だと思います。
まさに腕の見せ所で。

・・・が、それが通らない場合もある、と(笑)

天鳳の特上でも、
オーラスの親でノーテンで流せばトップ確定なのに
意味の無い連荘をしている人に2回ほど遭遇しました。
リスクはあってもメリットはゼロの選択をなぜするのか
不思議でしたが、そういうこともあるんですよね。

ちなみに、
3位と3000点差の役牌ドラ1のケースは、
形にもよりますが序盤でも鳴くことは結構あります。
これは有効だと思ってます。
直撃、もしくは赤引き、カンドラなど、
1ハンだったらなんとかなることも多いので。

最後の赤5切って8待ちはどうですかね。
局を流したいトップ目だったらオーラスじゃなくてもあります。
フリーならありえないですが(笑)

No title

>ダチョウの卵さん
そうなんですよね。
でもセットの場合ならある程度観察すれば、字牌の切り順とかドラの処理とか癖がわかるような気がします。


>ジェンヌさん
ですよね。これほぼ当たりだよとわかっていても押さないといけない局面ってありますよね。
逆に言えば、これほぼ当たりじゃないとわかっていても現物で引かないといけない局面もあると思うんです。


>ペチョーリンさん
6mはそうですよね。

オーラスの親トップで聴牌宣言したこと何度かありますね。
もちろん海底牌の勘違いとか泥酔状態でですが。
聴牌宣言されたらご希望通り捲って差し上げます(笑)

3位と3000点差の役牌ドラ1ですが、点数例が悪かったです。
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

いぶしのけん

Author:いぶしのけん
「天鳳」「雀賢荘」「闘牌王」というネット雀荘でプレイしています。
■いぶしのけん(メイン)
 四人麻雀 東南戦のみ
 サンマ   東南戦のみ
 麻雀放浪記じゃないけど、
 昔○○の○○とかいう名前、
 流行っていましたね。
 それをもじりました。
 酔っぱの時には出没せず
■ドラ真知子(サブ)
 四人麻雀 主に東風戦
 サンマ   東南戦のみ
 このHNは非常に気に入
 っています。
 麻雀の基本は私はドラ待
 ちだと思っていますし、
 ドラ待ちって結構ドラマチッ
 クだったりします。
 主に酔っぱの時に出没


連絡先:
ibushiken@やふー.co.jp
チェック頻度月イチくらいです  ヾ(・・ ;)

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
リンク(麻雀以外)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。