スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻雀オカルト集(昔話)

昔、嘘くさいとは思いながらも、完全否定できなかったものです。
今は私はオカルト派ではないので、信じておりません。

※ この半荘はツイいないから、ここは安手でも仕方がないけど「和了り癖」をつけておこう。

※ 言いだしっぺが負ける
誘った人が負けやすいということ。
覚えたての頃よく負けていたので、自分からあまり誘わなかったw。
というか、カモにされていたのでよく誘われていたんだろうな。

※ 勝負手なんだけど、ここは「流れが悪い」からオリよう。

※ 後からできたターツを大事にしろ
例えば、2s3s4s7s8s4m5m6m西西2p3p6p という手牌で 7pツモのときに、面子多々でどれを残すか選択するわけですが、6s9s1p4p は今まで入ってこなかったから他家が持っている可能性が高いので、後からできたターツの 5p8p の方が入りやすく、面子になりやすいという理論。

※ ツモの流れを大事にしろ
理牌しないで、ツモ牌をツモってきた順に右に並べるとツモった順序がわかるので、そうしてツモの流れを感じるようにしていた時期がありました。万子の山にぶち当たったから、ここは万子で染めようとかマジで思っていました。

※ 気合いを入れて自摸れ!
気合いを入れれば欲しい牌の自摸れる確率が増えるということ。
ただし、打牌に関しては気合いは必要だと思っています。切り間違いのないように大切に打つということです。

※ 白は今日の「ツキ牌」だから大切にした方がいいよ。
説明なしw

※ 暗刻牌は危険(暗刻筋は危険)
これに関しては賛否両論あるかと思います。

※ 嵌張待ちは3巡待ってから立直せよ
両面待ちになるまで待ちなさいネということ。
(但し、両面になる期待値が大きいとか、点数が大きくなる期待値が大きい場合は別。)

※ 天和を和了ると死ぬ
天に上がるから来た俗説と思われる。
これは「信じていない」というよりも、「信じたくない」ですね。
プロレスが全盛期だった頃、友人の父親がTV観戦中に亡くなってしまいました。
病名は忘れましたが心臓発作かと思われます。
阿佐田哲也さんの「麻雀放浪記」の「二の二の天和のじいさん」も、イカサマなしで天和を和了り、和了り牌を握ったまま天に召されましたw。
最後の2牌ツモるまで相当心拍数が上がり、天和を和了った時は心拍数はMAXだったのでしょうね。
私は天和は和了ったことはありませんが、リアルでかなり前に九連宝燈を和了ったことがあります。
九連宝燈も不吉な役とされ、よく交通事故に遭うと言われていました。放銃した人に「不吉だから和了らなかったことにしてあげてもいいよw」と言われましたが、もちろん拒否った。でも数日間なんか落ち着かなかったし、他家からもマジ注意しろよと言われました。



まだまだあるんだろうけど、もう思いつきません。
他にあったらコメントくださいw。


二の二の天和とは、今のように全自動卓ではなく手積みだった時代に、二人がグルになって積み込みをして、1回目のさいころで「2」を出し、2回目のさいころでも「2」を出して天和を和了るイカサマ技のこと。
イカサマなら心拍数も上がるはずもないのだけれど、これはイカサマではないから心拍数が上がって天に召されたんだというオチだとてっきり思っていたのですが、Wikipediaで調べてみたところ、天和ではなく九連宝燈だったようです。
このじいさん役は高品格さんだったのですが、本当にハマり役だと思いました。

コメント

非公開コメント

No title

自分の職場の上司が学生時代に雀ゴロやっていて、
天和あがって心臓発作で死んだ人をリアルで見た事あるって言ってました。
で、その上司はイカサマで何度も天和上がって免疫が出来ていて、
ホントに天和あがった時に全然驚かなかったそうな。
どちらも麻雀放浪記にもあったエピソードなので信じるかはお任せしますが、
何となくあってもおかしくないエピソードなんで自分は信じてます。
そうすると、その上司は今も元気ですので、天和あがっても
死んだりしない、と言えるかと。

No title

リアルだとついている席だとか冷えている席みたいなのもありますよねw
配牌取るときのサイコロの出た目にも優劣があるっていうのも聞いたことが・・・w
特に8がいいらしいです  で10がダメだったのかな??
色々ありますねぇw

No title

>とおるさん
>天和あがって心臓発作で死んだ人をリアルで見た
好きなことで死ねるなら本望なのかもしれないけれど、なんか腹上死みたいで恥ずかしいな(笑)

>エピソードなので信じるかはお任せしますが
いや、信じます!
若い頃は役満聴牌っても全然平気だったのですが、最近天鳳で打っていてマンガンくらいで動悸が激しくなったりすることがありますw。
先月も「雀賢荘」というネット雀荘でよんまの四暗刻単騎聴牌(天鳳と違いダブル扱い)って、地獄待ちでリーチしましたが流局しました。そのときもかなりドキドキしていて、和了ったらそのまま逝っちゃうんじゃないかと心配しましたw。


>バウアーさん
あー、負けを場所のせいにしていたことよくありましたねーw。
さいころ振るときなんかも「いい配牌が来ますように!」って念じながら振っていたし、しょんべんなんかして配牌悪かったりしたらもう、さいころの振り方の悪さのせいにしたりw。
さいころの目に関しては、私自身初耳だし、廻りにもそんなこだわり持っていたやついなかったですね。「八」は末広がりで縁起がいいからかしら。
カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

いぶしのけん

Author:いぶしのけん
「天鳳」「雀賢荘」「闘牌王」というネット雀荘でプレイしています。
■いぶしのけん(メイン)
 四人麻雀 東南戦のみ
 サンマ   東南戦のみ
 麻雀放浪記じゃないけど、
 昔○○の○○とかいう名前、
 流行っていましたね。
 それをもじりました。
 酔っぱの時には出没せず
■ドラ真知子(サブ)
 四人麻雀 主に東風戦
 サンマ   東南戦のみ
 このHNは非常に気に入
 っています。
 麻雀の基本は私はドラ待
 ちだと思っていますし、
 ドラ待ちって結構ドラマチッ
 クだったりします。
 主に酔っぱの時に出没


連絡先:
ibushiken@やふー.co.jp
チェック頻度月イチくらいです  ヾ(・・ ;)

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
リンク(麻雀以外)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。