スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立直と海底

小倉孝プロの『最強デジタル麻雀 (マイコミ麻雀BOOKS)』、読みかけのまま放置していた(っていうか、どこかにいっちゃっていたw)ので、続きから読み始めた。
状況   東3局0本場 19巡目 南家 ドラ七索
南家(私)  25,100
西家     22,100
北家     30,500
東家     22,300
東家から10巡目に立直(平和系の捨牌)が入っており、仕掛けは西家の西ポンと北家の六索ポンのみ。
他の散家はオリ気味。

場面
残りの山牌数は3つのみ。
そこに東家からドラの7sが出てきた。ポンすれば当然立直者に海底が廻る。
萬子で現物以外で通っていないのは、4mのみ。
ポンせずスルーした場合、5mをツモって来るかもしれないし、危険牌をツモってくるかもしれない。
さて、どうする?
四萬六萬五筒六筒七筒七索七索  六萬横七萬八萬  三萬横四萬五萬

















私の常識ではポンなどあり得なかった。覚え立ての頃はたしかに何も考えずに3900 ⇒ 7700なのだから、ポンしていた(笑)。
でも、『立直者に海底を廻すなど、とんでもねえ!』と教えられてきたし、一発以上に海底ずらしはやってきていた。


だが小倉孝プロに言わせると、ポンは当然の一手らしい。理由は
(1)得点が倍になる。
(2)親からの河底での放銃を狙う(笑)
(3)デジタルは自分の和了りが最優先であって、親に和了らせないという考えはない。
(4)海底の自模和了りの確率は1/17しかないので、これを警戒してひるんでいてはダメ。



これに関しては賛否両論あると思うけれど、少なくとも立直者と満直差で直取りしたいときは有効な手段だと思った。



結果がどうなったか気になるよね?
親のメンピンツモハイテでした(笑)
7700で済んだけれど、メンピンツモ海底オモウラなんてことになったら、アマチュア戦では非難囂々になりそう(笑)
っていっても自分の和了りが最優先なのだからと割り切るしか無いんでしょうね。

最後に、小倉孝プロを中傷しているのではありません。悪しからず。





ジェイミー・オニール Jamie O'Neal / All By Myself



セリーヌ・ディオン Celine Dion / All By Myself



コメント

非公開コメント

No title

親にわざわざハイテイまわすプロなんているのか・・・・・・。
いやぁ、鳴けば聴牌するとかだったらまだわかるけど・・・・。
あと、いぶしさんが言うように、立直者と満直差で直取りしたいときとかならわかるんですけどね。
(オーラスとかラス前とか)

それと、あがりにかけるのだったら自分のツモにかけた方が確率は高そうですけどね。自分のツモのチャンスを無くして親にツモのチャンスを与えるのは愚の骨頂にしか思えないです。


7700(実際には7800)で済んだとありますけど、自分から言わせてもらえば下手くその独りよがりで、1000点で済んだのが2600点も取られたと考えます。
雀荘でこんなのやられたら思いっきりため息ついてやりますけどね。

もっといっぱい書こうと思ったけど悪口しか出てこないのでこの辺にしておきます(笑)

No title

親にリーチにハイテイは回さないなあ^^;
でもそうゆう状況じゃなければ7sポンします^^

No title

んーこれは意見が判れるでしょうねぇw
俺はこの考察ぱっと見た時は鳴かないなーと思ったんですが
よくよく考えてみるとありかなと思います
ここでポンをしなかった場合せっかくテンパイしているのに
もしかしたら危険牌を掴まされ
降りざるを得ない状況になる可能性もあります
そうなるならツモられるリスク覚悟で鳴いて
なおかつ手を高めるのは有りかなぁーと思いました

No title

ポンの一手でしょう
自分がリーチ者の危険牌を掴む可能性をゼロにし、打点が倍になる
親がハイテイでツモることよりも自分が放銃しないことのほうが超短期成績で見る場合を除いて重要ですし、そもそもツモられる可能性など本当に数%です

原宿ジェンヌさんの「親のリーチにハイテイを回すプロがいるのか」という発言はどうかと思いますよ
ハイテイ回しを異様に嫌う人は多いですがそれは極めて損な古い考えです

No title

>ジェンヌさん
あと聴牌が必須の状況ならポンでしょうね。


>茨城北HAZさん
ですよね(^^;)


>ヘタレさん
ぱっと見鳴かないと判断したのは、今までの常識だと思います(笑)


>通りすがりさん
通りすがりさんのおっしゃることはよくわかります。
私自身でも、他家に迷惑を掛けない打ち回し&自分の利益のみを追求する打ち方の両方が共存します。
(昔は前者でしたが、今は後者寄りだと思っています)
麻雀が2人だけのゲームだったら利益享受するのも被害を被るのも2人しかいないので、当然こんな問題は発生しないと思いますが、4人なので余計問題がややっこしくなっていると私自身は思っています。
この日記にも書いたように、「ポンせずスルーした場合、5mをツモって来るかもしれないし、危険牌をツモってくるかもしれない。」というのは著書には書かれておらず私が勝手に付記しました。
理由は聴牌が必須のときにはポンだと思ったからです。

また、メンピン自模海底オモウラで親っパネツモとなる可能性もあるので、期待値と危険値を相殺してどちらが得かはわかりませんが、小倉孝プロの場合は危険値は無視していると思います。
危険値を無視するのがいいとか悪いとか、新しいとか古いとかではなく、危険値を考えた打ち方もあるということも理解して欲しいと私は思います。

No title

通りすがりさんではないですが。
まず始めに。自分は小倉プロのこの本を読んだ事は無いです。

>(4)海底の自模和了りの確率は1/17しかないので、これを警戒してひるんでいてはダメ。
>小倉孝プロの場合は危険値は無視していると思います。
「危険値」の意味が解らないですが(4)の記載が本にあるなら無視しているわけでは無く「期待値と危険値を相殺」して得だと判断したのでしょう。

簡単な状況を想定して収支期待値をざっくり計算してみましたがポンした方が得っぽいですね。
3900が7700になるとかより親の危険牌をツモらずに済むのが大きいです。
なお「危険値」が「期待値計算する時にマイナスとなる項の値」だとすると、ポンした場合が一番「危険値」が低いです。

■ポンしてアンパイ切った場合の収支期待値:1280
1/17の確率でインパチツモられる。(6000オールを支払う)
 -6000÷17≒-353 ←いぶしさんのコメントから察するにこれが「危険値」でしょうか?

1/34の確率で親がこちらの当たり牌を掴む。(タンヤオハイテイドラ3+親のリーチ棒)
 (8000+1000)÷34≒265

残りの確率(1-1/17-1/34=1-3/34=31/34)でノーテンバップがもらえる。
 1500×31÷34≒1368

ポンした場合の収支期待値は1368+265-353=1280

■ポンせずにおりない場合の収支期待値:809
1/17の確率で親の当たり牌を掴む。(ツモられたらインパチなので振ったらマンガンとした)
 -12000÷17≒-706 ←これがポンせずおりない時の「危険値」?

1/34の確率でタンヤオドラ2ツモる。(+1000は親のリーチ棒)
 (4000+1000)÷34≒147

残りの確率(1-1/17-1/34=1-3/34=31/34)でノーテンバップがもらえる。
 1500×31÷34≒1368

ポンせずにおりない場合の収支期待値は1368+147-706=809

■ポンせずにツモれなかったらおりる場合の収支期待値:147
1/34の確率でタンヤオドラ2ツモる。(+1000は親のリーチ棒)
 (4000+1000)÷34≒147

1/2の確率で無スジ掴んでおりてノーテンバップを支払う。(バップは三人ノーテンで1000)
 -1000÷2=-500 ←これがポンせずおりる場合の「危険値」?

残りの確率(1-1/34-1/2=1-18/34=16/34)でノーテンバップがもらえる。
 1500×16÷34≒706

ポンせずにツモれなかったらおりる場合の収支期待値は147-500+706=353


1/17は親の待ちを両面待ちと想定して34牌種中あがり牌は2種として計算している模様。
同じノリでタンキとカンチャン待ちのあがれる確率を1/34(34牌種中あがり牌は1種)として計算。
他家二人はノーテンで完全に降りていると想定。
ポンせずにツモれなかったらおりる場合は無スジをツモる確率を1/2(根拠無しの超適当体感値)で計算。

No title

確率の期待値は別にして
トップ重視のフリーとラス回避重視の天鳳では大きく異なると思います。

前者では、親にハイテイ回す=親が高打点(1ファンアップだからね)の
リスクが数値の%別にして出てきます。
ハイテイまわしたせいで6000ALLツモられると
自分がトップになるのに後々しんどいわけだから、
自己の聴牌料程度で済ませたく
ハイテイまわさない方向に心理が働きそうです。
いぶしさんの嫌いな和了連荘の場合は特に(笑)
(じつは最近、和了連荘面白く思って結構いってます)

後者では、ツモ=3人平等の失点なわけだから
それはそれでいいんじゃないかと
ポンしないことによる、自己の放銃並びに
危険牌掴んで1人ノーテンの不平等な失点のリスクが目に付き
それとは逆に自己の得点アップのメリットが強調されるんだと思います。


この本、ちょっと立ち読みした程度ですし
なんとも言えないのですが、全体的に
後者の方に重心を置いた考え方な気がしてます。
その結果トップがついてくるみたいな印象です。

あってるかどうか自信ありませんけど(^^ゞ

No title

>とおるさん
おお、なるほど。
ポンの方が収支期待値がでかいですね。


>Hisakingさん
私自身悩んでいるんですが、和了連荘だったら間違いなく鳴きません(笑)




私自身この場面に遭遇して鳴くかどうかはわかりません(多分鳴くと思います)。
ですが、自分が西家or北家の立場で南家にポンされて東家に海底で親っパネをツモ和了られてもムカツカない耐性ができたことは確かですww

似た場面に遭遇していのけんさんが鳴いたそうですが、海底で倍満ツモられたそうです。
生兵法怪我の元? ( ̄w ̄)プッ
カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

いぶしのけん

Author:いぶしのけん
「天鳳」「雀賢荘」「闘牌王」というネット雀荘でプレイしています。
■いぶしのけん(メイン)
 四人麻雀 東南戦のみ
 サンマ   東南戦のみ
 麻雀放浪記じゃないけど、
 昔○○の○○とかいう名前、
 流行っていましたね。
 それをもじりました。
 酔っぱの時には出没せず
■ドラ真知子(サブ)
 四人麻雀 主に東風戦
 サンマ   東南戦のみ
 このHNは非常に気に入
 っています。
 麻雀の基本は私はドラ待
 ちだと思っていますし、
 ドラ待ちって結構ドラマチッ
 クだったりします。
 主に酔っぱの時に出没


連絡先:
ibushiken@やふー.co.jp
チェック頻度月イチくらいです  ヾ(・・ ;)

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
リンク(麻雀以外)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。