スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の反省

20090131反省

【天鳳・さんま】
東1局0本場9巡目
対面は白槓と抜きドラ1個で、親満確定の手。
上家は、抜きドラ1個で最低でも5200は見積もらないといけない。
まして、槓ドラと槓裏もある。
点棒状況からいって、マンガン1向聴だが、絶対にオリのケースだ。
普通ならここで、打 6p の一手。

だが、私は何と 9p を切ってしまったのだ。
しかも親の2巡目の 9p でラグっているのだ!!。
そのラグは、ランダムラグの可能性も十分あるのだけれど、この局面では、たとえ聴牌っていてもバッタの可能性もあるのだから、9p など絶対に切ってはいけない牌だと思う。

なぜ 6p を切ってしまったのか。
昇段直後の試合で浮き足立っていたのかもしれない。
気のゆるみか、9p のラグもうっかりしていた。
或いは、自分の満貫手に気が動転してしまったのだろうかw。
安牌だってたくさんあるのだし、何回再生して見ていても、なんで 6p を切ってしまったのか不思議でしょうがない。

ミスがすぐに敗着となりやすい将棋とは違い、麻雀は切り間違いなどの失敗が必ずしも悪い結果とはならない。
またノーミスだからと言ってトップが取れるわけでもない。
そこが麻雀の面白さでもあるのだけれど。

でも、ひとつでもミスを少なくしようと努力することが上級への道だと思う。完璧に打てたら、皆十段だw。

結果がどうであれ、明らかにイージーミスだ。
反省orz

コメント

非公開コメント

No title

9pか6pかよくわからないです

No title

>ここあさんへ
 まず「ラグ」について
 「東風荘」は鳴きたい牌とかロン牌が出ると必ずラグが入りますね?
 でもそれだと見え見えになるので、
 「天鳳」ではそれに加えランダムラグを採用しています。
 つまり、なんでも無い牌でもラグるのですね。
 だから状況によっては何故ラグったのか読まなくてはいけません。
 特上レベルでは、当たり牌を見逃すなんてのは当たり前にあります。

 いくらランダムラグでも、2回続けて同じ牌でラグることは可能性としては少ないので、その場合は鳴けるケースで鳴かなかったと読まねばなりません。
 或いは当たりを見逃したのかもしれません。(直取りとかツモ狙いのため)

 つまり読まれたくなければ、平和とか鳴いても和了れない手では「鳴かない」
 ボタンを押していた方が望ましいと私は思います。
 極端な話、一枚目の發でラグったとします。ランダムラグなのかなんなのかはわかりません。
 私はこの二枚目の發をあえて鳴かすこともしますが、しかしオリるとなったら、私はこ の二枚目の發は絶対に切りません。
 だから私の場合は、發を二鳴き(一枚目が出た時に鳴かず、次の一枚が出た時に鳴くこと )と決めている場合には、最初「鳴かない」ボタンを点灯させておいて、一枚目がでた直後にそのボタンを解除しています。
「東風荘」ではそれができない(ツモ番が来るまで鳴き無しを解除できない)のが不満ですw。


 さて、このケースは、8sをツモって1向聴になりました。
 14Pまたは、7Sが入っての聴牌ですが、不要牌は6Pと9Pです。
 で、この場合6Pと9Pどちらを切るかということですが、勝負するにしろ、オリるにしろ、絶対に6Pを切らなくてはいけません。 なぜなら6Pは現物で通っているからです。
 それなのに、私は間違えて9pを切ってしまったのですw。
 9Pは単騎待ち、シャボ待ち(俗称バッタ)の可能性もあります。
 6pが切れているので、9Pは筋でほぼ通る牌ですが、現物ではないので100%通るとは限りません。
 どちらも不要牌なら、大ざっぱに言えば、
 現物牌(絶対に通る牌)→ オタ風などの字牌 → 筋などの通りやすい牌
 →無筋の牌 と危険度の低い牌から切らなければなりません。
 次巡14Pまたは、7Sが入れば聴牌するので、勝負するなら9pを切っても構いません。
 でも9pで当たるかもしれません。
 でも、このケースはまだ聴牌っていないし、現物の6pがあるので、絶対に9pは
 切ってはいけない牌なのです。切る順番が違うのですね。
 結果同じじゃんと言われるかもしれませんが、違うのです。
 もし6pを切った後に、下家が上家に振り込むかもしれないし、或いは上家がツモ和了るかもしれないのです。
 また、或いは上家が下家に振り込んだり、下家がツモ上がりするかもしれません。
 失点を最小限に抑えるのが麻雀のセオリーなのです。


 次に、下家の2巡目の9pでラグったと書きました。先に書いたように、鳴いて和了れない手でも結構「鳴かない」ボタンを押していない人がいます。
 「サンマ」は、ポンはできてもチーができないのです。
 ということは、下家の2巡目の9pでラグったということは、
 1)ランダムラグ
 2)上家が「鳴かない」ボタンを押していなかったので、9pを対子持っていた
 この2通りしか考えられません。
 私はこれは絶対にオリの手だと書きました。
 それなら、たとえ6pの筋でも9pは切ってはいけないのです。
 なぜなら、6sと8sが現物牌。6sと8sを切ってる間に他の現物牌を持ってくるかもしれな いし、そうでないなら中の暗刻落とし。少しでも少しでも危険度の少ない牌から切っていかなくてはいけません。

 超能力者とかイカサマではないので、より危険度の低い牌を切って放銃することはよくあることです。しかし、確率を追求して、正しい選択をしたのなら、放銃してもいいのです。
「あー、あの牌やっぱり通ってた。勝負するんだった」とか
「あー、あの牌やっぱり当たりだった。勝負しなくてよかった」とか
結果論ではありません。
「麻雀は結果ではなくプロセスが一番大事」なのです。


一番大事なのは、オリるのか突っ張るのか、或いは廻すのかの正しい状況判断です。
その状況判断が一番難しいのだけれどw。
一番重要な状況判断は点数状況です。
一番簡単な例として、オーラスで
ここあさん(北)  48,000
Bさん(東)    12,000
Cさん(南)    33,000
Dさん(西)     7,000

こんなとき、Cさんから立直が入ったとします。Cさんとの点差は15,000。
満貫自摸られてもここあさんはトップです。
どんなに大きい手を聴牌していたとしても、全身全霊を掛けてオリなくてはいけません。なぜなら、7,700以上の振り込みだと逆転するからです。
Cさんにハネ満を自摸られると同点でここあさんは2位となってしまいますが、
それは仕方がありません。諦めてくださいw。
こんどはBさんから立直が入ったケース、これも絶対に降りてください。
親の立直ほど怖い物はありません。ましてオーラスの親です。
金持ちケンカせずです。
最後にDさんから立直が入ったケース。Dさんは5200点以上和了れば3位に浮上します。
ここあさんは、ハネ満振ってもトップです。倍満振れば2位に転落してしまいますが、
倍満なんて早々ありません。それよりも怖いのは親の連荘ですから、勝負してOKです。むしろわざと振り込みに行く(差し込み)考えでもいいです。

正しい選択をしていれば、トータルすれば必ず勝ち組に入ります。


まだ難しいかもしれませんが、がんばってください。
 

No title

詳しい説明有難うございます

東風荘で鳴き無しを押していると
役牌が連続で出たり終盤の形聴とりとかで失敗するので
実は私は鳴き無しを押していないんです
ラグについても
誰かが鳴けるのか単に打牌が遅いのかよくわからなくて
実際全然活かしきれていないんですよね
天鳳では打牌の遅さかどうかはわかるのですが。。
特上ですと 確かに上手い人には読まれてしまうでしょうし
他の人の迷惑にもなりかねません
次のツモが来なくても解除できるのでしたら
今度使ってみようと思います
それに自分の打牌を有利に進めるためにも
振り込まないためにも必要なようです

切り順のことなんですけど
今まではどうせこの牌はいつかは切るのだからと
それで振り込んでも仕方無いと思っていたのですが
確かに順番によっては振込みを避けられるかもしれませんよね
こういう点はあまり慎重ではなかったので
ただでさえ放銃が多いのですから
もっと切る順番にも気をつけようと思います

状況判断の説明も有難うございます
こういうのは実際打っている時に
とても難しいですよね
まず点差を計算しなくてはいけませんし
その時点でアウトです
私はよくオーラスでトップから3位4位があるんです
攻守判断ができていなくて
きちんと降りていないからでしょうね~
最近また振込みがとても多いので
何とかしたいと思っています

本当にとても参考になりました
これからもよろしくお願いします
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

いぶしのけん

Author:いぶしのけん
「天鳳」「雀賢荘」「闘牌王」というネット雀荘でプレイしています。
■いぶしのけん(メイン)
 四人麻雀 東南戦のみ
 サンマ   東南戦のみ
 麻雀放浪記じゃないけど、
 昔○○の○○とかいう名前、
 流行っていましたね。
 それをもじりました。
 酔っぱの時には出没せず
■ドラ真知子(サブ)
 四人麻雀 主に東風戦
 サンマ   東南戦のみ
 このHNは非常に気に入
 っています。
 麻雀の基本は私はドラ待
 ちだと思っていますし、
 ドラ待ちって結構ドラマチッ
 クだったりします。
 主に酔っぱの時に出没


連絡先:
ibushiken@やふー.co.jp
チェック頻度月イチくらいです  ヾ(・・ ;)

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
リンク(麻雀以外)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。