スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルールの難しさ

日本だけでも本当に様々なルールがあります。
ここでは、どのルールがメジャーなのかマイナーなのかということではなく、このルールを採用したらこの様な問題も派生してくるというのを書いてみました。


■大明カン責任払いありの場合
このルールが発生した理由は、「お前が出した牌が明槓されて嶺上開花されたのだから、責任をとれ」という発想から生まれたものだそうです。

図A 一索一索一索二萬三萬四萬東東六索七索   ポン中中横中
1)一索の大明槓後、五索を自模和了り。
2)一索の大明槓後、嶺上で中をツモってきたので加槓、その嶺上で五索を自模和了り。


図B 白白白發發發七萬七萬六索七索   ポン中中横中
白を大明槓後、嶺上で發をツモってきたので暗槓、その後五索を自模和了り。


図C 白白白發發發發七萬六索七索   ポン中中横中
白を大明槓後、嶺上で七萬をツモ、その後發 を暗槓、その嶺上牌の五索で自模和了り。


図A-1) は責任払いで何ら問題が無いですね。

図A-2) 図B 図C は似ているけど、どうする?
①責任は大明槓による最初の嶺上牌のみなので、責任払いとはしない。
②生牌の一索または白を切らなければそもそも和了は発生しなかったのだから、責任払いとするべきだ。


また更に「嶺上ツモも2符加算するルール」の場合だと、点パネした場合に責任払い額を点パネした点数で支払うのか、ロンと同じ扱いで点パネしない金額で支払うのかって問題も発生します(笑)
ツモの2符を計算しない考え方として、和了が「放銃したから1人払い」ではなく、「大明槓させる牌を出して嶺上開花させてしまった事に対する責任払い」であるということだからだそうです。

点パネでなくとも微妙にロンとツモの点数も異なっているので、ロン時の点数で支払うのか、ツモ時の点数で支払うのかという問題も発生しますw(30符3飜、40符2飜など)。
またシャボ待ちで和了した際に暗刻で考えるのか、明刻で考えるのかという問題も発生します。

上記58sがフリテンだった場合に、自模和了りできるのか?
また和了がokだとした場合に責任払いとするのか3人分けなのか?という問題も・・・・・w。


浅見了 麻雀祭都 を参考にさせていただきました。


つづく・・・・・


人気ブログランキングへ





コメント

非公開コメント

カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

いぶしのけん

Author:いぶしのけん
「天鳳」「雀賢荘」「闘牌王」というネット雀荘でプレイしています。
■いぶしのけん(メイン)
 四人麻雀 東南戦のみ
 サンマ   東南戦のみ
 麻雀放浪記じゃないけど、
 昔○○の○○とかいう名前、
 流行っていましたね。
 それをもじりました。
 酔っぱの時には出没せず
■ドラ真知子(サブ)
 四人麻雀 主に東風戦
 サンマ   東南戦のみ
 このHNは非常に気に入
 っています。
 麻雀の基本は私はドラ待
 ちだと思っていますし、
 ドラ待ちって結構ドラマチッ
 クだったりします。
 主に酔っぱの時に出没


連絡先:
ibushiken@やふー.co.jp
チェック頻度月イチくらいです  ヾ(・・ ;)

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
リンク(麻雀以外)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。