スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牌譜データの活用

今牌譜データの分析は
天鳳解析.exe と 天鳳成績管理ツール があります。

前者は何度か私もデータを抽出してみてみましたが、私自身に解析能力がないため、単なる数字の羅列にしかなっていないのが現状です(笑)
他の人のデータと付け合わせれば多少はわかるかもしれませんが、現状では他の人のデータと付け合わせが出来ず意味がないモノとなっています。
私は四麻秋刀魚とも放銃率が結構高いです。が、和了率も高いのでそれでバランスが取れていると思っているのですが、それも最近気付いたことなんです。データはソフトが簡単に解析はしてはくれますが、それを自分の頭で解析・理解するのはホントに難しいことだと思います。

後者の天鳳成績管理ツールですが、これはテキストファイルのcsv形式でエクスポートできる仕様になっています。
これを利用すれば、「excel」とか、無料版の表計算ソフト「Open Office」とかで読込すれば、自分の目的とするデータを絞り込んだりして、それをグラフ化したりとか平均値を出したり、合計を出したりとか色々できるようになります。

例えば下のグラフはサブキャラの「ドラ真知子」の秋刀魚五段のみのデータを絞り込んでグラフ化したものです。
横軸は記載されていませんが日付です。

これだと調子のいいときとか悪いときとかしかわかりませんが、このptを主グラフとして、副グラフに放銃率、和了率なんかを入れるとより深く解析できるような気がします。

また、主グラフが平均順位もしくはRateで、副グラフに放銃時の向聴数を入れて見るのもおもしろいんじゃないかと思っています。

真知子五段ptグラフs



また流局時の聴牌率を出してみるのも面白いのではないかと、天鳳成績管理ツールの作者である茨城北HAZさんに提案させていただきました。理由はこちら
聴牌者0人・・・・・○○%
聴牌者1人・・・・・○○%
聴牌者2人・・・・・○○%
聴牌者3人・・・・・○○%
聴牌者4人・・・・・○○%
このデータを見たところで、立直が入っている入っていないとか、東1とオーラスでは状況が異なるので単なる数字のお遊びになってしまうかもしれませんが、データをもっと細分化すれば利用できるのではないかと思っています。


あと、私が一番知りたいデータは、放銃時の点数状況(順位)と和了者の点数状況(順位)の関係です。このデータを細分化すれば押し引きの技術が今以上にアップするのではないかと思っています。
同じ手牌でも東1とオーラスのトップ(ラス)とでは打ち方が全く異なると思っています。
もっと言えばラス前のトップとラスとでは打ち方も異なると思っています。



人気ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

いぶしのけん

Author:いぶしのけん
「天鳳」「雀賢荘」「闘牌王」というネット雀荘でプレイしています。
■いぶしのけん(メイン)
 四人麻雀 東南戦のみ
 サンマ   東南戦のみ
 麻雀放浪記じゃないけど、
 昔○○の○○とかいう名前、
 流行っていましたね。
 それをもじりました。
 酔っぱの時には出没せず
■ドラ真知子(サブ)
 四人麻雀 主に東風戦
 サンマ   東南戦のみ
 このHNは非常に気に入
 っています。
 麻雀の基本は私はドラ待
 ちだと思っていますし、
 ドラ待ちって結構ドラマチッ
 クだったりします。
 主に酔っぱの時に出没


連絡先:
ibushiken@やふー.co.jp
チェック頻度月イチくらいです  ヾ(・・ ;)

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
リンク(麻雀以外)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。