スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喰い断と完先

先日の日記「タコ麻雀のすすめ」のHisakingさんのコメントに返しましたが、私は「喰いタンなしなんて麻雀じゃない」 は極端でも、「ナシナシルールの麻雀はやりたくない」 と思っています。

喰い断ナシルールはだいたい完先ルールと併用する「ナシナシ(喰い断ナシ後付なし)」が主流だと思います。
第一東風荘のように、「ナシアリ(喰い断なし後付アリ」の方がレアケースだと思っています。
で、先の話はナシナシルールを前提にして話を進めます。

まずは完先のルール説明。完先は解釈がまちまちでいろいろなルールがあるようです
完先とは完全先付けの略という前提で、私が一番最初にやり始めたルールで説明します。

完先ルール ケース1
二筒三筒四筒七筒八筒九筒四萬五萬六萬白白發發
これをダマで出和了るとチョンボです。一翻は確定しているが役が確定していないからです。
役牌=役だという解釈もあるようですが、ここでは白=役、發=役という解釈です。
面前の場合自摸れば和了れますが、鳴いた場合は白發のシャボでは和了出来ません。
ですので役牌のみで和了る場合は暗刻が必須となります。


完先ルール ケース2
一萬二萬三萬九萬九萬九萬二筒三筒一索二索三索九索九索
これもダマで1pで出和了るとチョンボになります。4pだと役無しで片和了りと見なされるため。
これも上と同じで、面前の場合自摸れば和了れますが、鳴いたら自摸っても和了れません。
123出来和了り三色で9sで高め純チャンとかだったら当然和了れます。


完先ルール ケース3
一萬二萬三萬四萬五萬六萬九萬九萬二筒三筒一索三索南北
これは1pチーして2sで和了は出来ますが、2sチーして1pでは和了できません。ケース2と同様片和了りになるからです。


完先ルール ケース4
三萬四萬五萬六筒七筒八筒四索五索六索七索八索八索八索
これもダマで出和了ると一翻以上は確定していますが、役が確定していないためチョンボとなります。
36sでタンピン、47sでタンヤオ、9sで平和。どれも役が確定していませんね(笑)
自摸ればOKです。


あとは、形式聴牌なし。
ルール説明はこんなとこでしょうか。



例えば誰かがカンチャンで2sチーした場合他家は何を考えるか。
1.役牌はなにが生きてるか → 役牌は全部死んでいる
2.混一色でも全帯公でもなさそうだ。
3.なら残りは三色か一通だけだ。
4.三色ならカン2mかカン2p。それか出来上がり三色で他の待ちしか考えられない。
5.一通も上記と同じ読み。
そう考えると、待ちは見え見えになるので面前指向となり立直が多くなる。

ケース1,2,4でも立直しないと和了れないので立直する。
喰い断が出来ないのでこれも面前になる。
なので立直立直立直の合戦と化す。

一番最初に覚えたのはナシナシルールですが、1年後にはもうアリアリでずーっと打っています。
なので第一東風荘の喰い断なしルールではドラが暗刻だったりするとストレスを相当感じました(笑)


また、和了連荘ルールも嫌いなルールのひとつです。(第二東風荘)
オーラスの親ってただでさえ不利なのに、この和了連荘ルールでオーラスの親でラス目なんつーと、もう挽回はほぼ無理。トップ目の子なら自分が和了るよりも親に鳴かさないことを最優先に考えるから。
私は麻雀はオーラスが一番面白いと思うのですが、このルールだとオーラスが一番つまらん(´□`;)


このナシナシルールと和了連荘ルールだけは絶対にやりたくありません(笑)
上記ルールを否定しているのではなく、あくまで私個人の好みです。
納豆大ッキライみたいのと同じです(笑)(納豆は私は大好きですが)


ということで、This is not majong. って思ってしまいます。
みなさんはどう思われますか?



この原稿は昨日書き終わって本日の予約投稿としているのですが、書き終わった後巡回(死語か?w)していたら、面白いのをみつけたので載っけておきます。
歌詞は、まんまコピペです
------------------------------------------------
作詞:原宿ジェンヌ
作曲:山崎まさよし
『セロリ』(替え歌)

打ってきた環境が違うから~ 好き嫌いはイナメナイ

食いタンが嫌いだったり  面前が好きだったりするよね

ましてやネットとリアルだから  すれ違いはしょうがない

妥協してみたり  多くを求めたりなっちゃうね


なにがきっかけでどんなタイミングで   食いタンに出逢ったんだろう

あがりトップの時とか ドラがいっぱいの時

出来るだけあがりたいのさ


がんばってみるよ やれるだけ

がんばってみてよ 少しだけ

なんだかんだ言っても つまりは単純に

麻雀が 好きなのさ
------------------------------------------------
ネタ元はこちら
ワロタw



人気ブログランキングへ




コメント

非公開コメント

No title

ネトマの方はよく知りませんが、今は喰いタンなしといえば
ナシナシではなく「なしあり」が主流だと思いますよ。
理由は簡単で完先の定義が曖昧だから(笑)

自分はどっちも好きですね♪

ちょっと窮屈感あるけれど、面前指向、手役指向になりがちなので
こういう麻雀も楽しいもんだと思います。

喰いタンなしのルールは、年数回のセット(なしありで赤もなし)だけに
なってしまったのでt、ちょっと残念なとこでしょうか

No title

自分も初めはナシナシで覚えましたね。

自分がやっていたのは王手飛車OKのナシナシでした、例えば待ちが2333で、ピンフかタンヤオか確定していなくてもOK。
一番上の例の白か発かのもOKです。

ハードなルールですと、鳴いて片方大三元のシャボの場合、「大三元か小三元か確定して無いからダメ!」なんて話もあるらしいです(笑)

ぬるいナシナシならOKですけど、ハードなのは嫌ですね^^
和了連荘ルールでは一回も打った事無いですw

No title

>Hisakingさん
>完先の定義が曖昧だから
ホント下記のやっさんの話を聞くと痛感しますww

ナシアリだったらやってもいいかもです。

珈琲ならナシナシでいつも飲んでいるんですがw
((-_-)ツマラン)


>やっさん
>大三元と小三元
おもしれ~~(≧▽≦)
私がやっていたルールはやっさん流に言わせるとハードってことになるんでしょうけど、誰もこれ、チョンボって言い出した奴おらんかったww。
その伝でいくと
東東東南南南西西西北北④⑤ 
東東東南南南西西西北北④④
上記は小四喜確定で和了れるが
下記は和了れねーつーことか(≧▽≦)
四喜和は確定してるっていう屁理屈もありそうだが。


>王手飛車OK
王手飛車って比喩おもしろかったw、
ナシナシの場合王手飛車OKにしないとチョンボだらけになりそう。
つかトラブルの元になりそうですね。
上記の四喜和の例にしたってキチンと取り決めしてプレイするなんてこと
ありえないっすもんね。
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

いぶしのけん

Author:いぶしのけん
「天鳳」「雀賢荘」「闘牌王」というネット雀荘でプレイしています。
■いぶしのけん(メイン)
 四人麻雀 東南戦のみ
 サンマ   東南戦のみ
 麻雀放浪記じゃないけど、
 昔○○の○○とかいう名前、
 流行っていましたね。
 それをもじりました。
 酔っぱの時には出没せず
■ドラ真知子(サブ)
 四人麻雀 主に東風戦
 サンマ   東南戦のみ
 このHNは非常に気に入
 っています。
 麻雀の基本は私はドラ待
 ちだと思っていますし、
 ドラ待ちって結構ドラマチッ
 クだったりします。
 主に酔っぱの時に出没


連絡先:
ibushiken@やふー.co.jp
チェック頻度月イチくらいです  ヾ(・・ ;)

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
リンク(麻雀以外)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。