スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル麻雀とネット麻雀

一口にネット麻雀と言っても色々あるので、私の知っているネット麻雀を紹介してみます。
天鳳・・・・・・・順位点による昇降級システム(但し高段位になるほどラスのリスク大きい)
東風荘・・・・・順位点によるRating評価
闘牌王・・・・・得失点のみによる昇級システム(但し高段位になるほどラスの失点が大きい)
雀賢荘・・・・・レベル別による卓分けが無いが、昇段には得失点とRateの両方をクリアする必要がある。


私感だが、ここで不等式を使うのがいいのかどうかわからないけれど、
リアル>>雀賢荘>闘牌王>東風荘>>>>>天鳳
雀賢荘がリアルに一番近く、天鳳がリアルにはほど遠い気がする。


【リアル】
例えば10,20のウマで、20000点のオカが入るルールで配給原点から+10000のトップ、-10000のラスで考えてみると
35000のトップ ⇒ +5 ⇒ +45
15000のラス ⇒ -15 ⇒ -35

【天鳳七段・特上東南戦】
トップ +75
ラス  -135

【天鳳七段・鳳凰東南戦】
トップ +90
ラス  -135


このように、天鳳とリアルではトップの価値が全く異なる。
リアルではトップラスでも大負けすることはほぼ無いが、天鳳でトップラス麻雀など打ったらあっという間に降段だ。

打牌って完全安牌以外は必ずリスクが伴う。
そのリスクとリターンのどちらが大きいか考えながら一打一打を打っていく。そのバランスを考えながら打たないと必ず負け組に入ると言っても過言ではないと思う。
なので天鳳のようにラスのリスクが大きければラスのリスクをできるだけ回避して打つ必要がある。
ネットの強者がリアルで打っても、リスクとトップのハイリターンを考えながら打つのである程度は対応できると思う。
同様にリアルの強者がネットで打っても、ラスのハイリスクとリターンを考えながら打つのである程度は対応できると思う。

だけど、リアルの強者=ネットの強者、ネットの強者=リアルの強者 だとは思っていない。
野球で言えば、日米の両方で結果を残しているイチローとか松井秀喜とかは別格だと思う。けれども大リーガー(死語か?w)が鳴り物入りで日本球界入りしてもパッとしないプレイヤーも多い。
それは日米の野球の違いもあるし、野球環境も違うし、生活環境も違う。そんな中で同じような成績を残せるのは一部の人間だと思っている。

柔道のことはよく知らないのだけれど、過去日本人があまりにも勝ちすぎるためなのか、他の国の選手にも勝てるチャンスを与える為なのか、オリンピック柔道のルールが徐々に変わってきているらしい。
ルールが変わっても同じように勝てるとは決して思えない。

また同じ麻雀でもルールが異なるだけで全く様変わりする。
アリアリとナシナシもそうである。
また、雀賢荘の数あるタイトル戦の中で、「一発裏ドラ無し」の競技ルールを採用しているタイトルがある。
巷では一番実力が出やすいルールと言われているが、私は全くそうは思わない。
和了点数とノーテン罰符のバランスが取れていないからだ。
(極論を言えばオリるより全ツした方が期待値が大きいと思うんですよね。)



なんか全然まとまっていないけれど
私は
リアル強者であっても、ネット強者とは限らない
ネット強者であっても、リアル強者とは限らない
と思っています。




スポンサーサイト
カウンター
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

いぶしのけん

Author:いぶしのけん
「天鳳」「雀賢荘」「闘牌王」というネット雀荘でプレイしています。
■いぶしのけん(メイン)
 四人麻雀 東南戦のみ
 サンマ   東南戦のみ
 麻雀放浪記じゃないけど、
 昔○○の○○とかいう名前、
 流行っていましたね。
 それをもじりました。
 酔っぱの時には出没せず
■ドラ真知子(サブ)
 四人麻雀 主に東風戦
 サンマ   東南戦のみ
 このHNは非常に気に入
 っています。
 麻雀の基本は私はドラ待
 ちだと思っていますし、
 ドラ待ちって結構ドラマチッ
 クだったりします。
 主に酔っぱの時に出没


連絡先:
ibushiken@やふー.co.jp
チェック頻度月イチくらいです  ヾ(・・ ;)

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
リンク(麻雀以外)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。