スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳳凰民 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

今まで昇段戦何回かやってきたけれども、対戦中は始終心臓バッコンバッコン。
未だにドキドキしてる。
こんなこと初めて。
カクヘンどこまで続くかわからんけど、がんばっていこう。

いぶし秋刀魚七段
スポンサーサイト

さんまとよんま

思うのですが、サンマと四麻って、高速道路と一般道路によく似てると思うんです。

一般道路から高速道路に入ると、ビュンビュン飛ばしたくなるように、四人麻雀から秋刀魚をすると、なんでも染めて、大物手を狙いたくなってしまいます(最初の内だけですが)。

私自身さんまをやり始めた頃、スピードの出し過ぎでよく放銃していましたし、混一色病を治すのに結構時間がかかりました(´△`;)。

その逆に、サンマから四麻をやると、手の遅さ、手の低さに愕然とします。

運転と同じで慣れるとなんとも思わなくなって来るのですが、そのギャップに慣れるまで結構時間がかかりました。

あと私だけかもしれませんが、サンマをやって、大分四人麻雀の腕がシェイプアップされたような気がします。

サブ五段になりました。

【天鳳・さんま】
なんかメイン五段になったときよりなぜか数倍うれしい。
真知子五段


おまけ
ptがいったりきたりしてます。
いぶし秋刀魚20090130

こんな牌理ありますか?

今まで打ってきて勝手に得た経験則なので、正しいのか間違っているかもわかりません。

「ドラが4のときは1が出やすく、6のときは9が出やすい。」

牌理はわからないのですが、何でなんですかね。
それとも私の気のせいか。

だから6がドラで9が生牌のとき、他の一九牌よりもなんか切りづらいし、リーチ者の筋でも当然切りづらい。出すことは出すかもしれませんが、私にとっては、ド引っかけに次ぐ切りづらい牌です。

これ、正しいですか? 教えてください。



【補足】2009/01/30追記

例としてドラが 6p のとき

 7p8p9p とあって 6p  をツモったとき
 7p9p   とあって  6p  をツモったとき
 5p7p9p とあって 6p  をツモったとき

などがあると思うのですが、これってドラに限ったことではなく、他の面子でも考えられることだと思っています。
でもなぜ、他の一九牌よりも、この例で言えば 9p が出やすくなるのかがわからないし、
また、9p が生牌の場合に、雀頭または暗刻で持たれていたりするケースが他の一九牌よりも多いような気がするのです。リーチへの放銃回数も多いような気がします。この勝手な牌理を気にしているから、記憶にあるだけかもしれないのですが。

やはり私の気のせいなのでしょうか・・・・・(笑)

私の七対子の考え方

七対子と対々和の分岐点になったとき、5200以上確定(状況によっては3900)しないと、対々和には私はいかない方だと思っています。
といっても例外はありますが。(こう書かないと読まれるみたいでイヤだからw)

まして、バカ対々和のみなんてことはまずやらない方ですし、2000か2600ぽっちで、回しづらいし、ハイリスクローリターンのような気がします。
それなら、七対子のみ or リーチ七対子の方がよっぽどマシと思えます。

私は七対子は爆発力があるので、かなり好きな役です。
表表でハネ満・倍満(赤含みまたは自模または裏裏)まで狙えますし。

ダンラスの時、染め手と一緒によく狙う手です。
地獄待ちで立直とかしてもデバサイになり易いですし(デバサイではなく、アガラスになるような時は見逃し)。

1向聴の段階で浮き牌が3牌あるわけですが、重ねたい牌(ドラとか切れない牌)と待ちたい牌(字牌とかワンチャンス牌とか筋牌)にします。

次に聴牌時の待ちの考え方ですが、まずは、人読みによる狙い打ち。
字牌の切り順を決めている人って観戦とか牌譜再生していると結構います。
例えば、東家で 南西北  と順番に切る人で、河に西 が切れている。

西家の私の手牌1m1m4m4m2p2p5p5p4s4s發南北 ツモ 發

こんなとき、南 切って即リー!
当然狙いは東家の 北 切りです。あくまでも確率の追求ですから、北 を持っていなければいないでしょうがないし、一発で 南 を切られても諦めます。

今度は、發白 どちらで待とうか悩んだとき、
1.裏ドラの可能性の高い方で待つ。
2.上級者が 發 、下級者が 白 を切っていたなら、白 単騎で立直。
理由は上級者より下級者の方がフリテン牌を押さえづらいと思うからです。上級者からデバサイという状況下なら話は別ですが。
(上級者とは段位とかRateのことではなく、自分で観戦とか対戦したときのイメージを優先します。)

対子場について

対子場って本当にあるのでしょうか?
最近よく感じますが、私は無いのではないかと考えています。

以前、「この局は対子場だから、七対子か対々和を目指せ」とかよく耳にしたりしました。
それを真に受けて、場を読むようにしてここは対子場だ、平和場だと、自分勝手に判断してよく裏目っていました。

ところが、自分が七対子を和了したとき、あるいは他家が七対子和了したとき、他も対子手かというと(実際にデータ取りしたわけではなく、体感ですが)、そうでもない。
たまたま他家も対々和または七対子ってこともあるでしょうが、それは単なる偶然の産物ではないかと思っています。

また、4人とも対子手だったなんてことはどれくらいあるでしょうか。
むしろ、平和手の方が多いような気さえします。

45とあって3(6)をポンされたとかいう場合、45のどちらかが重なったらそれを雀頭か暗刻の確率も考えるので、横につながる確率は減るかもしれませんが、かといってそれが対子場になるのでしょうか。

平和と七対子の分岐点でどちらにするか悩んだときに、「自分の手は平和手だけど、ここは対子場だ!」と判断して、わざわざ一翻落として、待ち数まで減らして平和聴牌をシャボ待ちにしたり、或いは平和一向聴を横に繋げないで縦に繋げようとしたりとかするでしょうか?

極端な話、(平和)二盃口って対子場ですか?
まー、状況によっては二盃口を七対子にすることはよくあることだとは思いますが。

私の場合、七対子が大好きなので、平和と七対子の分岐点になったとき、どちらかというと七対子の方を目指す方が多いのではないかと思います。大物手に育ちやすいし(表表裏裏、または赤含みでハネ満・倍満まで狙える)、また廻し易いってのがあります。

みなさんは、対子場についてどうお考えですか?

親リーと四暗刻単騎

【天鳳・サンマ】

東2局8巡目南家、ほとんど平たい状態で、こんな手牌から東家に立直が入りました。

5p6p9p9p9p2s2s2s5s6s東東南 北x2

東家の捨て牌 9m9s1m中西7s東y2p (リーチ)

このときは、聴牌即追っかけーって思っていたのですが、東が暗刻っておりょりょ?って感じでした。3p勝負して8pも勝負。

ツモ 1m 東 3p 8p 5s 3p 5S 發
    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
打牌 × 南  ×  × 6s 3p 6p      ×は自模切り

で、こんな牌姿になりました。
5p9p9p9p2s2s2s5s5s5S東東東發

この時、發自模は考えていなかったので、大分考えました。
5pってすごーくいやな感じだったのですが、
すったん聴牌でヒヨってどうすんじゃああ、發単騎待ちで勝負いけやあああと言う気持ちと、
とりあえず發切って様子見するか、どちらにしようか迷いましたが、たとえ親リーとはいえ、平たい状態だったので、5p切りました。
結果は放銃。

南場でダントツなら絶対に切らない5pですが、オカルトじゃないけど、ビビビッ!って来た牌はホントによく当たるものだと笑ってしまいました。

牌譜はこちら

気合い

1p2p3p7p8p9p1m1m7m8m9m7s8s ドラ 1m


こんな時、9s が喉から手が出るほど欲しいですよね。


気合いだ!気合いだ!気合だーーーー!


9s ツモ!


これってオカルト?

ラス前で差し込むのはだめ?

今日の反省 2009-01-25

牌譜はこちら

※どうでもいいことですが、以前からなんか違和感を感じていたのですが、このソフトと「つの麻」とでは、理牌の順序が異なっていることに気付きました。(つの麻は筒子索子万子風牌三元牌の順)

いくらサンマでもこの親さえしのげば、トップはほぼ手中と考え、打 7s でCさんに差し込みに行きました。
立直一通5200。
よしよしと内心ほくそ笑んでいました。

ところが、これでCさんがバカヅキし始め、
オーラス 0本場 5巡目 東混一色表赤 12,000 放銃私
      1本場 9巡目 中ドラ3 11,600 放銃私
      2本場 3巡目 混一色七対子赤 18,000 放銃私
和了り止めで END。。。。。 orz

1m

みなさんは、どう思われますか?

不正落ち

【天鳳】
サンマで2位だったのですが、R2212で対戦し、2位でした。18下がってR2194に減りました。
(さんま2位ではptの変動はないのでそのときは見ていませんでした。)

随分落ちた気がしたので、HPの計算式を見ながら、計算してみましたが、何回やっても、-2.153にしかならないのです。
もしかすると、卓の平均Rateの定義が自分を除いたものでは?と思い再計算してみましたが、結果はほぼ同じでした(-3.2301)。
計算間違いかな?と思い、わざわざデータベースに数値を打ち込んでも見ました。
それが昨日のRate変動表なんです(^_^;)

どこかで、計算間違いしているのか?もしやバグでは?と思い、スカイプ仲間の三田村茜さんに聞いてみました。
すると、こんな答えが返ってきました。
「先ほど自分と同卓した時けんさん東発から回線落ちてましたよ」

(・_・)エッ....?
そういえば思い当たるフシがあったのです。
初期画面(Rateが表示される画面)で、いきなり不正落ちしたのです。
すぐ戻ったのですが、戻ったところはロビーでした。
あれ?今のは何だったんだ???

で、再度予約して、対戦したのが上記の対戦です。
つまり、同IDで、本走とコンピュータ代打?とで2卓立っていたってことなんです。

コンピュータ代打はラスだったということで、本走の2位と合わせて、-18に納得しました。
ptもしっかり-120 されていましたし。orz

そう言えば「東風荘」でも「ハンゲーム」でも不正落ちして、まともに帰れず、自分の卓を観戦したことも何回かあったよな・・・・。
今回の不正落ちも、もしかしたら観戦リストに自分のHNあったかもね。

Rate変動表

【天鳳】
おもしろそうなので作ってみました。

20090313_04.jpg


20090313_03.jpg

ダブル?シングル?

【天鳳】

昨日の大四喜ですが、

6m7m7m東東南南西西西 北北y北

こんな一向聴から東ポン。

立直者の河に9m3mが切れていた理由もあってか、打6m

5m8m待ちにせず、わざわざ南7m待ち。

7m7m南南西西西 南 ロン! 東東y東 北北y北

ダブルにしてもいーんじゃね?と思った私でした。

今日の反省

20090123反省

8sが下家にあると思い、3p切りました。でもよーく見ると、私が9s対子落とし、そして上家も対子落とし。
しかも直前に。
8sなんてあるわけねーじゃんかよ!ヽ(`Д´) /

結果は、
 下家に放銃、立直赤裏裏
 対面にも放銃、面断表1。
 合計約16,000の放銃。
 チーン! Ω\ζ゜)ナムー

東ラスにCさんが大四喜を和了して、かろうじて3位。結果オーライ?

ラス確について

天鳳・東風荘など、順位評価のみのルールだと、私はラス確は全く無意味だと考えています。
ラス確で和了って次の半荘に繋げたいとかオカルト的な考えは全くありません。

状況によっては、3位直取りで3位だという場合、裏ドラ1個期待して和了することはありますが。
(もちろん7割弱近くは裏ドラは乗りませんが。)

ほぼラスが決定しているような状況で、目標点数の和了が望めないとき、親に聴牌させて次局に期待すればいいので、ノーテンドボンになるような状態でない限り、北家であれば下家の親に喰わせることを考えます。それで放銃しても仕方がない、どうせドベなんだからと諦めます。
それに、東家も北家から和了して北家どぼん終了・東家3着というケースなら見逃すはずだという憶測もありますが。

あくまでも憶測なので、私の持ち点が12,000点未満で、親満振っても親は3位のまま(特に東家3位ほぼ確定の1凹の状態で、親満自摸れば親が2位になるとかいうケース)だから和了しないだろうと勝手に考えるのだが、結局は親満振込みで親3位、私ドボン終了なんてケースもよくあります。
人様の雀風をとやかく言う資格は私にはもちろんありませんが、でもこういうとき、なんか釈然としないですね。親っパネ振って親が2位になって良かったね!とも思わないですが(笑)。
だから、観戦とかしたとき、この人はどのように考えて打っているのかとか見るようにしています。

でも、以下の理由によりラス確(または3確)することがあります。
1.出かける時間をとっくに過ぎている。
2.一刻も早くトイレに行きたい。(特に大きい方)
3.こいつ遅くてたまんねー、もうラスでいいや。(特にその人がさんま2位、よんま3位のとき)
4.以前にラス確した人が、今回同卓で、その人がさんま2位、よんま3位のとき。

私の雀歴

私が麻雀を覚えて賭けてやるようになったのは、二十歳前ころですが、当時の物価で点ピンの10-20(アリアリ、赤無し、チップ無し)で打っていました。

覚えたてで当然勝てるはずもなく、1年で100万近く負けたでしょうか。
_| ̄|○

これじゃいかんと一念発起して、まずやったのは、1人麻雀。
マンズばかり集めて清一色の練習です。
13牌の配牌をとって理牌し、何向聴か考え、何をもってくれば一番ベストなのか考え、聴牌すれば何待ちか訓練しました。
それから実際に麻雀をやっても、序順でメンチンになっても長考することもなく、他家にも気づかれないようになりました。

あとは盲牌の練習。
万子の盲牌が完璧にできちゃったりすると、上手そうにみえるから(笑)

それから次にやったのは、麻雀の技術書を読むようにしました。
当時の「近代麻雀」は今のように漫画ではなく、普通の雑誌でした。

その中で、一番理解できなかったのは、待ち牌当てです。
6巡目の立直とかで、これは間4ケンだから3-6mが臭いと回答があるんですね。
間4ケンとか裏筋とかまたぎ筋とか理屈ではわかっても、なんで当たり牌がわかるんだ?
同じ捨て牌でも入り目によって当然当たり牌は異なってくるし、放銃率もどれくらい高いのかその回答だけでは到底わかりませんでした。

ただ、立直とは異なり、副露に関しては読むように心がけていました
(鳴いたとき必ず向聴が上がるため、その打牌がキー牌になりやすい、大物手ほど好牌先打しづらいとか、ポンよりチーの方がそば聴に注意とか、フリテン牌を鳴いたときの考え方とか)。

手役読み・聴牌読み・相手の手の高さ読み・山読み・人読みなどは一通り勉強したつもりでした。

でも、この面前での当たり牌読みの疑問はかなり長く続きました。
実際に麻雀打っても、当たり牌は当然外れる外れるの連続。
当たり牌をたまにずばり止めたときなんか、今日は冴えてる!とか勝手に思ったりして、つっこむと大物手に振り込んだり・・・・。
プロは本当に待ち牌がわかるのだろうか?とまことしやかに思っていた時期でした。
でも何かが足りない、それは何だろうと考えるようになってから大分麻雀に対する考えが変わってきて、半荘の組み立て方とか、勝負できる点差とか、ノミ手でも局面によっては勝負手、役満でも降りなくてはいけない局面とか考えられるようになってから、結構自信ができてきたような気がします。

それで自分の雀力を試してみたくなり、その頃からフリー雀荘に通うようになりました。

それから十数年経ち、東風荘で打つようになり、とつげき東北さんの「科学する麻雀」を読み、今まで自分でこうじゃないだろうかと思ってたことが統計学?で立証され、「目からウロコ」って感じでした。
私にとって初めて役立った麻雀の参考書ではないでしょうか。
それまでの戦術書は、かえって上達の妨げになっていたのではとさえ思えるほどでした。

また、ハンゲームの3人麻雀を2年近くやったことにより、四人麻雀の雀力も、一皮剥けたような気がします。

【天鳳】ではさんま・よんま共、どれくらいの段位までいくかわかりませんが、一打一打大切に打って自分自身に挑戦していこうと思っています。
(東風荘では飲みながらやっていて、ドラもわからずにやっていたり、場も見ているだけで全く読んでいなかったりとかしていたので)

はじめまして

雀歴は結構ブランクがありますが、覚えてからは35年位でしょうか。

ネット麻雀は「東風荘」が最初で、それから「ハンゲーム」「ロン2」などやりました。
東風荘は最初第二東風荘の存在を知らず、数百試合第一で打ってから第二に移籍しました。
連荘条件が聴牌から和了に変更になってからは遠ざかってしまいました。

それから数年経ってハンゲームを知り、3人麻雀メインで2年位?やっていました。麻雀マネーがリアルマネーで購入できるのですが、2008年末頃から更にルールが変わり、ハンゲームを止めることにしました。

最近は天鳳(2008年12月~)と雀賢荘(2008年11月~只今休眠中)によく出没しています。
ここ数年サンマにハマっています。
本日現在の天鳳での成績ですが、
 いぶしのけん よんま 三段 138試合
           さんま 六段 250試合
 ドラ真知子   よんま 4級    39試合
            さんま 四段 195試合

対戦よりも元々観戦の方が好き(特に飲んだとき)で、いろんな人の雀風を見たりするのが好きです。
あとは麻雀談義も好きで、オカルト的な話ではなく、統計・確率でどう打つべきかとか考えたり、チャットすることも。

ネット麻雀における裏ドラ表示

【天鳳】
天鳳のおもしろさのひとつに、和了時・放銃時の裏ドラ表示時にタイムラグが発生することでしょうか。
和了時に瞬時に裏ドラめくられちゃうと、「あ、裏裏で満貫になったw」
くらいにしか思わないのですが、天鳳だと、裏1つ乗って満貫とかハネ満とかになる場合、
「乗れえええええええっ!」って絶叫しちゃうし、
放銃時なんか、「乗るんじゃねえええええ!」と祈りまくっちゃいます。

また、立直すべきではないような仮聴の形のまま立直されてそれに放銃して、裏が3つも乗ったときなんかめっちゃ熱くなっちゃいます。
カウンター
カレンダー
01 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

いぶしのけん

Author:いぶしのけん
「天鳳」「雀賢荘」「闘牌王」というネット雀荘でプレイしています。
■いぶしのけん(メイン)
 四人麻雀 東南戦のみ
 サンマ   東南戦のみ
 麻雀放浪記じゃないけど、
 昔○○の○○とかいう名前、
 流行っていましたね。
 それをもじりました。
 酔っぱの時には出没せず
■ドラ真知子(サブ)
 四人麻雀 主に東風戦
 サンマ   東南戦のみ
 このHNは非常に気に入
 っています。
 麻雀の基本は私はドラ待
 ちだと思っていますし、
 ドラ待ちって結構ドラマチッ
 クだったりします。
 主に酔っぱの時に出没


連絡先:
ibushiken@やふー.co.jp
チェック頻度月イチくらいです  ヾ(・・ ;)

最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
リンク(麻雀以外)
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。